安全への取り組み

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

株式会社ジャパン交通では、輸送の安全を確保するために
以下のとおり全役職員が一丸となって取り組んでおります。

安全方針

「安全はすべてに優先すると考え、法令順守のもとに健全な事業の発展を目指し地域社会に貢献します」

  1. 旅客自動車運送事業者として社会的な使命を果たすため、安全輸送の実現を最優先課題として取り組みます。
  2. 安全輸送に関する法規制を遵守いたします。
  3. 安心安全な輸送を提供するため、事故防止対策の継続的改善に取り組み、地域ならびにお客様からの信頼を高めるように努めます。
  4. 事故防止に関する目標を定めて実行いたします。また定期的に結果を見直し輸送の質の向上に努めます。
  5. 運転士に対して行う指導及び監督指針に基づく事項の遵守等を実施し、お客様に満足していただける輸送を提供いたします。
  6. 輸送の安全に関する情報について積極的に公表いたします。

安全方針を本社営業所の点呼場所に掲示し、点呼執行の都度運行管理者と従業員双方が確認しています。

安全方針に基づく具体的方針

  1. 経営者は輸送の安全の確保が事業の根幹であることを認識し社内において主導的な役割を果たす。
    現場において安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を踏まえつつ従業員に対し輸送の安全確保が最も重要であると認識させる。
  2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(PDCA)を実施し安全対策を見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより絶えず輸送の安全の向上に努める。

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

①交通死亡事故ゼロの継続
  令和2年度目標  交通死亡事故ゼロ
  令和2年度実績  交通死亡事故ゼロ
  令和3年度目標  交通死亡事故ゼロ

②飲酒運転防止の徹底
  令和2年度目標  飲酒運転ゼロ
  令和2年度実績  飲酒運転ゼロ
  令和3年度目標  飲酒運転ゼロ

③自動車事故報告規則第二条に規定する事故防止の徹底
  令和2年度目標  0件
  令和2年度実績  0件
  令和3年度目標  0件

④物損事故・構内事故防止の徹底
  貸切バス部門
  令和2年度目標  0件
  令和2年度実績  4件
  令和3年度目標  0件

⑤乗合バス部門
  令和2年度目標  0件
  令和2年度実績  7件
  令和3年度目標  0件

自動車事故報告規則第2条に規定する事故の発生状況
(令和2年4月1日~令和3年3月31日)

令和2年度発生実績  1件

令和3年度目標達成の為の行動計画

  1. ドライブレコーダーの随時導入
  2. バックカメラの新車車両への導入
  3. ヒヤリハット事例の情報交換
  4. 輸送の安全に関する教育、研修

安全に関する情報交換及び反省行動

  1. 毎日の点呼時の確認、回覧など
  2. 定例ミーティングでの情報交換および検証

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

令和2年度の実施状況
  事故惹起運転者に対する教育   1名
  初任運転者に対する教育     0名
  高齢運転者に対する教育     5名
  運行管理者一般講習       2名
  整備管理者研修         2名

輸送の安全に関する内部監査の結果及び
それを踏まえた措置内容

安全管理規程第15条に基づき、令和元年度中に本社営業所の内部監査を実施しました。
大きな指摘事項はありませんでした。

安全統括管理者

代表取締役 横石 弘幸